防水・塗装・補修工事なら愛知県春日井市の株式会社オオクボにお任せください。

qrcode.png
http://www.kk-ookubo.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社オオクボ
愛知県春日井市
如意申町4丁目16番地の1
TEL.0568-31-8775
FAX.0568-33-1848
----------------------------------
1.防水工事
2.塗装工事
3.補修工事
4.シーリング工事

5.塗床

防水工事業 許可番号
愛知県知事許可(般-29)

第29698号
---------------------------------

 
 

ブログ

 

つぶやき

つぶやき
フォーム
 
土用の丑の日
2019-07-23
7月になりました。
この記事を書いている時点では、曇りや雨の日が多かったのですが、ようやく太陽が現れて、急に暑くなりました。
雨天で進まなかった作業も、この天気で進むといいのですが…。
 
さて、毎年7月の下旬には土用の丑の日となります。今年は7月27日の土曜日となります。
さて、土用の丑の日とは一体何?何故、鰻を食べる事になったのでしょうか?
まず土用の丑の日の土用の意味。
土用というのは春夏秋冬の季節の変わり目の事です。
季節の変わり目にも期間があり、18日あります。
次に丑の日の丑ですが、こちらは十二支を順番に思い浮かべて下さい。
季節の変わり目の18日を十二支で数え、丑に当たった日の事を丑の日と言います。
この2つの意味を合わせて土用の丑の日と言います。
 
鰻を食べる事になった理由についてですが、実は諸説あります。
有名な諸説の1つとして江戸時代に活躍した、平賀源内の発案説です。
夏の日にうなぎが売れないと困っていました。
そこで、うなぎ屋の店主が平賀源内にうなぎを売る為の相談をした所、平賀源内は店先に 「本日丑の日」と書いた貼り紙を貼った所、うなぎが売れて大繁盛した。それを他の店が真似をした。という説があります。
 
土用の丑を調べていると、土用の丑の日にうなぎではなく、あんころ餅、卵、しじみを昔は食べていたようで、
全て「土用餅」「土用卵」「土用蜆」と言われていました。
卵は土用の丑の日の時期に生まれた卵を食べると特に精がつく(当時は卵が高価の為)、あんころ餅の小豆は厄除けの意味があったり、夏の時期のしじみは栄養豊富の為、夏バテに防止として食べられるようになった。などがあり、これらを土用の丑の日に食する地域もあるようです。
餅、卵、しじみの話は初めて知ったので驚きましたし、面白い!と感じました。
 
 
引用・参考
土用の丑の日 意味は?子供に説明するには?例文あり | くるっと日和
土用しじみの意味や由来とは?寒しじみの違い、土用餅、土用卵って何?
(閲覧日 2019年7月23日)
 
<<株式会社オオクボ>> 〒486-0918 愛知県春日井市如意申町4丁目16-1 TEL:0568-31-8775 FAX:0568-33-1848